女性ホルモンとしわ、くすみ

しわ

鏡を見て目の周りの小じわにどきっとしたり顔全体がどんよりうす暗いなど女性の25歳はお肌の曲がり角

肌の老化が始まる年齢です

しわが多かったり、顔色がさえないと実年齢よりも老けてみられるのでしっかりケアをしましょう

肌を老化させる最大の悪玉は紫外線です

紫外線をどのくらい浴びたかにより、しわやしみなどの肌の老化度がきまるといわれるほどです

皮膚の真皮に紫外線が届くと真皮を作っているコラーゲンが破壊され弾力を失い

その結果皮膚に張りがなくなりしわができます

肌の乾燥や普段の表情もしわの原因になるので注意が必要です

年齢によるしわは避けられませんが乾燥によるしわは清潔や保湿などのケアしだいで回復できます

くすみは血行不良など様々なトラブルが重なり起こります

紫外線対策と乾燥を予防

しわ対策はとにかく紫外線を浴びないことです

外出するときは紫外線カット効果のあるメイクを心がけましょう

肌の乾燥防止も大切で保湿剤で肌に潤いを

またストレス、不規則な生活、睡眠、喫煙などもしわの原因になります

くすみはスキンケアのチェックをしてゆっくり浴槽につかってリラックスしましょう

熱いタオルを顔にのせる蒸しタオルパックも血行をよくします

くすみと同じように気になる目の下のくまは睡眠不足や過労や

不規則な食事や栄養障害による血行不良などが原因です

くすみの原因と対策

血行が悪い

寝不足やストレスで新陳代謝が落ちると血行が悪くなります

そうなると老廃物がたまった静脈が透けてくすみの状態になります

入浴で血行を促したりパックをするのも有効です

十分な睡眠と栄養バランスなど規則正しい健康的な生活が大切です

肌のきめが失われる

不十分なスキンケアで不要な角質がたまり感想が加わると肌のきめが失われ

透明感がなくなります

やさしく洗う、よく石鹸を泡立てて泡で洗う洗顔後は

化粧水や保湿剤、乳液を塗るなどスキンケアに気をつける

メラニン色素が沈着

紫外線にあたって大量にできたメラニン色素が完全に外に排出されず肌に残ると

しみも増えてくすんだ感じになります

できるだけ紫外線を浴びないように注意しましょう

家の中や車の中でも紫外線は入ってきます

日陰でも安心できず完全にふせぐことはできません

角質が厚くなる

化粧を落とさないまま寝てしまったり汚れが残る不十分な洗顔

正しくない洗顔方法で皮膚のターンオーバーがうまくいかないと

不要な角質がたまって肌がくすみます化粧は必ず落として洗顔しましょう

睡眠を十分とる

睡眠をたっぷりとり体調を整え肌の新陳代謝を活発にしましょう

睡眠時間が十分とれていても夜更かしは肌の大敵です

ホルモンの分泌が乱れて肌の回復力が低下します

深夜12時前にはベットに入るようにしましょう

バランスのよい食事

無理なダイエットは肌の老化を促します

たんぱく質は皮膚の元になり肉や魚や大豆食品はかかせません

コンビニやファーストフードばかりでは栄養の偏ります

野菜に多く含まれるビタミンC、βカロテン、ビタミンEは美肌のビタミンです

タバコをすうとビタミンCが失われ肌の老化を促ししわを作ります

夜更かしやタバコを吸う鮭を飲みすぎるのは肌にとって大ダメージになります

ストレスをためない

仕事や人間関係などの精神的ストレスがたまるとホルモンのバランスがくずれたり

新陳代謝のリズムがくずれます

これは肌のトラブルのもとになります

紫外線を防ぐ

日焼けした後皮膚は元の色にもどっても紫外線から受けたダメージは残ります

色白の人ほどひどくなります

午前10時から午後2時は紫外線が強いのでしっかり肌をガードしましょう

正しいスキンケア

肌質にあった洗顔料で正しい洗顔をしましょう

40度以上の熱いお湯で洗うと必要な皮脂まで落としてしまいます

皮膚のかんそによるしわを招きます

肌に水分補給

洗顔後は保湿効果のある化粧水と美容液で肌にしっかりうるおいを与えましょう

冷房、暖房で空気が乾燥するのもしわを作るもとになります

保湿成分の含まれないミネラルウォーターを

顔にスプレーするのは逆に肌の乾燥を招くので注意しましょう

ストレスじわ

悩みや不安、怒りなどのストレスを抱えたりマイナス思考になると眉をひそめたり

口をへの字にしたり歯をくいしばったりしがちです

また仕事が忙しくデスクワークやパソコン作業で目や能を酷使すると顔をしかめたり

眉間にしわをよせたりふきげん顔になります

普段無意識でやりますが顔には大きなダメージです

顔の筋肉によけいな力がかかっています

小さい目を気にしたり必要以上に目を大きく見開いたり

ふっくらした頬が嫌で口をすぼめたりする癖も同じことです

このように顔の筋肉の同じ部分によけいな力が入り気がつかないうちに深く刻まれたしわとなり

やがてはストレスじわとして定着するおそれもあります

出来るだけリラックスして細かいことにこだわらず前向きの気持ちを持つようにしましょう

仕事の疲れもその日の疲れはその日のうちに解消するようにしましょう

ゆっくり入浴して熱いお湯で絞ったタオルを顔にのせたり

温かいお湯と冷たい水を交互に顔にかけて緊張をほぐして血行をよくしましょう

 

女性ホルモン乾燥性敏感肌!

 女性敏感肌

皮膚のバリア機能が低下して乾燥性の敏感肌になります

化粧のりが悪くなって頬がかさつく、ひざや脛が粉をふいたようになる

かかとがカサカサする空気が乾燥しがちな秋から冬にかけて乾燥肌に悩む人が多くいます

肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下して肌内部の水分はさらに蒸発しやすい状態になります

同時に外部からの刺激に対する肌の抵抗力も落ちて

様々な刺激が皮膚の内部に侵入してかゆみや炎症などのトラブルを起こしやすくなります

これが乾燥性の敏感肌です

とくに仕事がデスクワーク中心の人は1日のほとんどを空調やエアコンで乾燥したオフィスで過ごす為に

季節にかかわらず一年中乾燥性の敏感肌に悩むケースが多くあります

体の抵抗力が落ちると肌の抵抗力も弱くなります

肌が乾燥して敏感肌に傾いてくると様々な美容法を試したくなりますが

過剰なスキンケアがけって肌を敏感にしてしまうこともあります

肌の調子が不安定なときには特別なことはせず基本的なスキンケアに気を配り

保湿、保水ケアを行うことが大切です

また月経が始まると肌が乾燥しやすくなったり肌荒れを起こすなど女性ホルモンの分泌も

肌の調子に大きく関係しています

さらにストレスや疲労なども肌の抵抗力を低下させる大きな原因になります

肌の調子が不安定なときは無理をしていないかストレスなど身体の状態に目をむけましょう

室内の環境をチェックしてスキンケアや入浴法も見直しましょう

そのほか不規則な睡眠かたよった食事ダイエット、精神的なストレスや女性ホルモンのバランスの

乱れなども肌の乾燥やトラブルを進行させます

健康な肌を身体の内側からサポートするためには栄養バランスのよい食事と規則正しい生活が基本です

湿度を40%以上に保つ

冷房や暖房を使ってる室内は湿度が下がっています

それに伴って肌の水分も蒸発します

室内の湿度を40%以上に保ちオフィスでは机に回りにコップ1杯の水を置きましょう

適度な冷房や暖房を避ける

室内や野外の温度差が大きいとかゆみに対して肌が敏感になります

過度な冷房や暖房は避けて室温との差は5度以内に

またエアコンや暖房の風が直接顔や体にあたらないようにしましょう

下着は木綿素材に

直接肌につける下着は肌にやさしく木綿がよく下着や衣類の袖口などのゴムがきつすぎるのも

肌を刺激するので注意が必要です

選択は洗濯物に潜在分が残らないよう使用量を守りすすぎも十分にしましょう

肌にいい食事

新しい細胞を作るために良質のたんぱく質が不足しないようにしましょう

レバー、小松菜、にんじんなどに豊富に含まれるビタミンAは皮膚の形成を助けます

ビタミンCが豊富で坑酸化食品の代表的食品ブロッコリーもおすすめです