女性ホルモンと精神イライラ

ストレス

仕事でのイライラ人間関係でのイライラ現代では誰でもイライラしています

感情をコントロールできず怒りが爆発するなど

体や心が不安定で疲れているときほどイライラしてしまいます

女性はホルモン分泌の影響を受けて月経前になるとわけもなくイライラするときがあります

くよくよしたり落ち込むことは誰でもあり女性は

月経周期にともなうホルモンの変動も感情面に大きく影響します

過度なストレスがあると緊張興奮などで交感神経が優位な状態が長くなると

免疫力も大きく低下します

がんなどの深刻な病気から便秘から肩こり不眠まであらゆる不調が発生します

自分なりのストレス解消法をもつことが大切です

心と体が疲れているときお酒や食べすぎでかえってストレスが大きくなるので注意が必要です

副交感神経を活発にするリラックスが大切です

また気分の落ち込みは脳内のホルモンの働きと密接に関係しています

免疫力を高める生活を心がけ脳内ホルモンを活性化させるのも大切です

睡眠不足

浅い眠りは体を休めて深い眠りは脳を休めるといわれています

睡眠不足が長くなるとストレスに弱くなります

偏った食事

いろいろな種類の栄養素が足りない状態現代型栄養失調が増えています

脳の活動に必要な栄養素が足りないと切れやすくなります

カルシウム不足で落ち着きがなくなる

ビタミン不足で神経が過敏になりイライラします

マグネシウム不足すると集中力が低下します

早食い

食べ物をしっかり噛むということは脳を広範囲に刺激してホルモンの分泌をよくします

軽く体を動かす

軽いストレッチをしたりすると緊張した体の筋肉がほぐれるだけでなく

精神的イライラも和らいできます

深呼吸する

イライラしているときは無意識のうち体が緊張して呼吸が浅くなっています

まず深呼吸して大きくゆっくりとした呼吸が体の緊張も緩和してくれます

女性ホルモン不眠

不眠

不眠

布団に入ってもなかなか眠れない

不眠には主に次のようなタイプがあります

入眠障害

なかなか眠れない寝つきの悪い状態

悩みや不安、精神的なストレスがあると起こりやすくなります

中途覚醒

トイレや夢などちょとしたことで夜中に目がさめてしまいます

お酒を飲んだときやうつ病などの初期症状でもみられます

熟睡障害

一定の睡眠時間は確保できても熟睡間が無く心身の疲労が取れない状態です

心や体の病気が原因で起こることもあります

早朝覚醒

明け方目が覚めて眠れなくなります

高齢者に多く見られ年齢に関係ない場合もあります

日本人の生活パターンが夜型になり睡眠の障害も増加しています

日本人の5人に1人が不眠に悩まされているといわれます

睡眠不足が長くなると、だるい、頭が重い、目が疲れやすくなる

肌や胃腸の調子が悪くなるなど様々な不調が現れます

イライラしたり頭がボーとしたり集中力も低下してしまいます

さらに不眠により生体リズムホメオスタシスが狂い免疫力が低下して

風邪などの病気にかかりやすくなります

不眠の原因の多くはストレスや生体リズムホメオスタシスを無視した生活習慣にあります

眠れない夜が長くなるときは生活習慣や眠りの環境を見直しましょう

それでも改善されない場合はうつ病や睡眠時無呼吸症候群などの場合があります

心の不調

人間関係や仕事などで悩みや不安があったり怒りやイライラがあるといろいろ考えて眠れなくなります

そのほかうつなど心の病気があるときも不眠になります

体の不調

鼻水や鼻がつまる乾燥肌やアレルギーで体がかゆい冷え性で手足が冷たい

病気や怪我で熱や痛みなどがあるときは不眠の原因になります

睡眠リズム

夜更かしや朝寝坊や深夜の仕事をしている人

または海外に行ったときは時差ぼけ状態になります

体内時計のリズムが乱れて眠気がなかなか訪れません

食事刺激物

たばこを吸ったりカフェインをとると神経が興奮します

食事をした後は消化機能が活発に働いて熟睡できません

お酒を飲んだときは途中で目が覚めることが多くなります

ホルモンの変動

月経前に分泌量が増えるプロゲステロンの影響で月経前になると眠れなくなることがあります

その反対に日中眠くなる人もいます

明るい環境

枕が合っていないふとんの寝心地が悪い寝室に外からの光が入ってくるなど

眠る環境が整っていないときは眠れません

決まった時間に起きて朝日を浴びる

人間の体内のリズムは約25時間ですが太陽の光を浴びることで

朝1時間ほど時間を早めて24時間周期にして生活しています

朝日を浴びて体内時計がリセットされてから

約14時間から16時間後にに体は眠りにつく準備を始めます

女性ホルモンドライマウス

ドライマウス

口の中には最近が住み着いて普段は異物を排除する働きをしています

この最近が口の中の不要なものを分解したとき発生するのが口臭です

本来なら不要物を洗い流してくれるはずの唾液が減ったり最近や不要物そのものが増えると口臭が発生します

寝不足や水分不足や朝目が覚めたときや緊張したときなどには口臭が発生します

また口の中に食べかすが残っていると最近が増殖して歯垢がたまり歯肉炎が起こりやすくなります

こうした口臭に悩む人の8割に歯周病が見られます

ドライマウス

口腔乾燥症とも呼ばれているもので唾液が十分に分泌されない状態です

軽い段階では口の中が粘々感や虫歯や歯垢の増加口臭などが見られます

重症になると強い口臭舌の表面のひび割れなどが見られます

唾液には細菌の繁殖を防ぐ物質が含まれています

唾液が少なくなると口の中の細菌が増殖して虫歯や歯周病口臭などが起こりやすくなります

口の乾きが進行するとしゃべりにくい口の中が痛く食べ物がかめない食べ物を飲み難く

眠れないといった症状も出て健康にも影響します

現代の食生活ではかむ必要の無いやわらかい食べ物ばかり食べているので

唾液の分泌が少なくなっているのが原因です

緊張やストレス鼻炎や口呼吸などでもドライマウスが起こりやすくなります

朝起きたとき空腹のとき緊張したときや月経のときなどは唾液の分泌が少なくなり

誰でも口の中のにおいが強くなります

水を飲んだりガムを噛んだりして唾液を増やせば自然に消えます

気になるなら歯垢や歯周病のチェックをしましょう

舌の表面に付着した白っぽい舌苔や鼻やのどの病気胃腸の病気や糖尿病による口臭もあります

心理的なことが原因のこともあります

口の中が乾燥してデリケートな状態です

アルコール、タバコ、香辛料などの刺激物は控えましょう

水をそばに置いてこまめに補給しましょう

またガムを噛んで唾液の分泌を促したりストレスや緊張が長くなると唾液の分泌が少なくなるので

気分転換でリラックスするなどの日常の工夫が必要です

 

起こりやすい人

虫歯があると口の中で感染が起こりやすくなります

歯周病が進むと歯茎から出血したり膿がたまり

それを細菌が分解して口臭の原因になります

間違ったブラッシング

歯の表面だけ磨いても汚れは落ちません

時間が無い疲れているめんどうなど理由はありますが口臭や虫歯の予防に丁寧に磨きましょう

緊張しやすい

緊張したりストレスの多い日が長くなるとリラックスできず

唾液の分泌が抑えられ口臭やドライマウスが起こりやすくなります

よく噛んで唾液の分泌を促す

口臭もドライマウスも唾液の分泌の不足が原因です

殺菌効果のある唾液の分泌を促すにはよく噛む、緊張を無くすのが効果的です

硬いものを意識して食べてリラックス法を見つけるなど工夫をしましょう

生活習慣

舌苔は体調が悪い緊張で口の中が乾燥したりアルコール

刺激物、たばこ、コーヒーのとりすぎで付着しやすくなります

規則正しい生活を心がけて体調を整えることが大切です

舌表面もブラッシング

ブラッシングが完璧でも舌苔が残っていると口臭を防ぐことができません

ただしとりすぎは舌を痛めてしまいます

濡れたガーゼなどでふき取るか歯ブラシで舌の手前に2回から3回軽くぬぐう程度に

正しい歯磨き

歯垢がつきやすい歯と歯の間歯と歯肉の境目、歯の裏側などをチェックしましょう

鏡を見ながら丁寧に磨きましょう

毎食後に磨くのが理想ですが回数よりも磨き方が大切です

何回磨いてもいいかげんなブラッシングなら意味がありません

女性ホルモンと膀胱炎について

膀胱炎

膀胱に大腸菌などの雑菌が侵入しておこる膀胱炎

膀胱炎のほとんどは大腸菌が尿道から膀胱に侵入して炎症を起こしたものです

女性は男性にくらべて尿道が短いうえに尿道の入り口も

肛門と近いために肛門のまわりにいる大腸菌やセックスのとき雑菌が膀胱に入り込みやすくなります

次のような症状があると膀胱炎のサインです

排尿痛、残尿感

排尿のときや排尿の終わりごろにさしこむような痛みやズーンとくるような鈍痛がある

排尿後もまだおしっこがのこっている幹事ですっきりしない

頻尿

おしっこの回数が多くなり終わった後もまたすぐにトイレにいきたくなる

尿がにごる

おしっこが白くにごったりひどくなると血液がまじって赤く見えることもある

においがきつくなることも

抗生物質を飲むと3日から1週間で治ります

症状が消えても最近が完全に死滅したとはかぎりません

再発を繰り返さないために途中で通院をやめないことが大切です

排尿トラブルの1つに尿漏れは妊娠や分娩などで骨盤低筋が弱くなることで起こります

産後は無理をしないでできるだけ休むことです

起きる必要がにときは横になり子宮膀胱を支える筋肉の骨盤低筋の回復につとめます

重いものふとんの上げ下げなどおなかに力がかかることは家族にまかせましょう

体系を早く戻したいと産後すぐにガードルをつけるのはだめです

産後1ヶ月検診で子宮の回復が順調と診断されてからつけます

肛門をきゅと締める運動をすると効果的です

膀胱炎の予防

水分をたっぷりとる

水やお茶を1日1リットル以上飲んで膀胱のなかの細菌を洗い流しましょう

水分をたくさんとるのが苦手な人は野菜やヨーグルトなど水気の多いもので補います

アルコールやコーヒーは膀胱を刺激するのでさけます

トイレを我慢しない

排尿痛があると水分を控えてトイレの回数を減らしたくなります

これは逆効果で水分を多くとって尿の量を増やして

こまめにトイレにいって尿から細菌をどんどん追い出します

長時間尿をためると膀胱内の筋が繁殖して症状を悪化させます

排便後は前から後ろにふく

肛門のまわりの大腸菌が尿道に入り込まないように前からうしろにふく

特に下痢のときお尻をよく洗うようにします

月経中はこまめにナプキンをとりかえ外陰部を清潔に保ちましょう

便秘をしないようにする

腸の中に便が長時間とどまると大腸菌が肛門のまわりにでてきて尿道に侵入します

便秘がちな人は膀胱炎になりやすく再発もしやすくなります

野菜やイモ類などの食物繊維をとり適度な運動をしましょう

疲れ、ストレスをためない

睡眠不足や働きすぎ職場の人間関係などの過労やストレスがたまると

免疫力が低下して膀胱炎を招きます

疲れたときは無理をしないで残業は控えましょう

また下半身を冷やすと膀胱炎が悪化します

寒い季節には毛糸のパンツや携帯用カイロで腰をあたためましょう

セックスの後すぐにトイレに行く

セックスの刺激で膣や肛門の周辺にいる細菌が尿道に入りやすくなります

セックスのあとはすぐにトイレで排尿する習慣をつけましょう

ハネムーン膀胱炎や性交渉のあとに膀胱炎になりやすい人はこの対策を忘れた人です

女性ホルモン大人にきび吹き出物 

 にきび

大人にきびは様々原因があります

にきびと呼ぶのは10代までで20代をすぎたら吹き出物とはよくいわれるものです

単純に皮脂が過剰に分泌して毛穴が詰まってできるのが10代から20代前半の思春期にきび

それに対して20代後半からの大人にきびはメイクやストレス、疲れ、ホルモン、食事など

様々な原因が重なり起こります

その結果皮脂の分泌が過剰になったり逆に肌が乾燥して角質がかたく厚くなったり

毛穴がふさがれて炎症を起こすものです

なお月経前ににきびができやすのは月経の約2週間前からプロゲステロン(黄体ホルモン)と同時に

男性ホルモンの分泌が盛んになるのが原因で男性ホルモンが皮脂を活発にさせるからです

まず正しい洗顔で皮脂や汚れを落とし肌を清潔に保つことが大切です

にきびや吹き出物があると化粧で隠したくなりますが下地クリームもファンデーションも

油分過剰になるので避けます

どうしてもというときはパウダーファンデーションを横に滑らせるようにしてつけます

パフではたくと毛穴に入ってしまうので注意が必要です

あるいはノンオイルのリキッドファンデーションなら肌の汚れは最小限に抑えられます

にきびがあるのに乾燥肌ということはよくあります

これは皮脂を除くことに気をとられて水分不足が原因です

洗顔後に保湿ケアが必要です

皮脂を調節しながら角質に水分が補給できるオイルフリータイプの化粧水が最適です

にきびの原因と対策

月経不順

ホルモンバランスが乱れて不安定になると皮脂腺の分泌に影響して

にきびが出たり悪化します

夜更かし

睡眠中はホルモンの働きが活発になり古い細胞から新しい細胞へと変わります

その時間帯は夜10時から夜中の2時です

この間は皮脂の分泌が抑えられます

夜更かしするとホルモンのバランスが乱れてにきびが出たり

悪化させる原因となる皮脂の分泌を盛んにしてしまいます

ストレス

ストレスがたまるとホルモンのバランスがくずれて新陳代謝が悪くなります

肌の働きや免疫力が低下してにきびを悪化させます

心身ともに疲れをためないようにしましょう

脂肪分や糖分のとりすぎ

脂肪分や糖分のとりすぎは皮脂腺を強く刺激して皮脂の分泌過剰にします

揚げ物やチョコレートや甘いお菓子などの摂取を減らすことが大切です

コーヒーやアルコールも皮脂の分泌を促します

メイクや汚れが残っている

正しくない不十分な洗顔でファンデーションや古い角質余分な皮脂が残っていると毛穴をふさぎます

そこににきびの原因菌が繁殖します

油分の多い化粧

下地クリームやファンデーション、クレンジングクリームなど油分を多く含んだ化粧品

これは皮脂の分泌過剰を作っているようなものです

毛穴をつまらせにきびの原因となります

便秘

3日以上便が出ない出たとしてもころころして残便感がある状態が便秘です

胃や腸の消化器の調子が悪いとにきびは悪化します

月経によるホルモンの影響を受けると便秘になりやすくなります

タバコ

ビタミンCはメラニンの生成を防ぎ出来た色素沈着を薄くする働きがあるので

にきび痕を残さないためにも必要な栄養素です

タバコは1本でも大量のビタミンCを破壊してしまいます

女性ホルモンとしみ

しみ

紫外線が原因で起きる色素沈着がしみの原因

20代後半から気になるのが肌のしみ

一番の原因は紫外線で紫外線を繰り返し浴びているとメラノサイトの一部に異常が生じて

紫外線にあたらなくてもメラニンを作るようになります

するとその部分に色素沈着が起こります

これがしみになり放置すると紫外線を浴びることで数が増えて色が濃くなっていきます

身体の免疫力も低下

しみしわの原因になるなどお肌の老化を早める紫外線は浴びすぎると身体の免疫力も低下させます

皮膚は外的から直接身体を守る働きのほか細菌、ウイルス、アレルギー物質が

体内に入り込むのを防ぐ免疫の働きをもっています

ところが紫外線にあたり過ぎると免疫力が低下して皮膚に様々な感染症が起こりやすくなります

たとえば口の周りに水泡ができる単純ヘルペスは紫外線にあたった後でできやすくなります

雨の日や曇りでも紫外線対策

しみを予防する第一の方法は紫外線を避けることです

紫外線の量は4月から9月にかけて最も多くなるので春になったら紫外線対策をしましょう

また晴れた日ばかりでなく雨の日も曇りの日も降り注いでいます

さらに室内にいるときもでも安心できません

しわの原因となるUVAはガラスを通じて皮膚の中にも入ってくるからです

オフィスでも日当たりのよい窓際には紫外線が降り注いでいます

紫外線対策

日焼け止め

むらなく塗る

日焼け止めは顔のすみずみまでむら無く塗ります

こめかみや耳の前、首筋などは塗り忘れしやすい場所なので注意が必要です

紫外線のあたりやすい部分に重ねてつける

鼻や頬など出っ張った部分には顔全体に日焼け止めを塗ったあとで

さらに薄く重ねてつけます

皮脂や汗で目立ってきたら塗り直す

汗や皮脂をやさしくふきとってから日焼け止めを塗り直しましょう

食事

栄養バランスのよい食事を摂取するともに美肌成分が入った栄養素を積極的に摂取しましょう

ビタミンC

メラニンの生成を防ぎ出来てしまった色素を薄くする作用があります

βカロテン

紫外線で発生した活性酸素をすばやく除去する働きがあります

ビタミンE

皮膚の細胞膜の参加を防ぐ働きがあります

たんぱく質

新しい皮膚細胞を作る働きがあります

日傘は体全体が隠れるように柄を短く持ってさします

帽子のつばは6センチ以上必要

まわりにつばがついているものを選んで首筋もカバーします

服は袖が長めのものを選びます

白は紫外線を通しやすく反射するので色のついたものを選びます

生活習慣

皮膚の新陳代謝のことをターンオーバーといいます

ターンオーバーのサイクルは健康な肌で28日です

睡眠不足やストレスなどでターンオーバーが乱れると

メラニンが角質細胞とともに剥がれ落ちず定着してしまうこともあります

女性ホルモン乾燥性敏感肌!

 女性敏感肌

皮膚のバリア機能が低下して乾燥性の敏感肌になります

化粧のりが悪くなって頬がかさつく、ひざや脛が粉をふいたようになる

かかとがカサカサする空気が乾燥しがちな秋から冬にかけて乾燥肌に悩む人が多くいます

肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下して肌内部の水分はさらに蒸発しやすい状態になります

同時に外部からの刺激に対する肌の抵抗力も落ちて

様々な刺激が皮膚の内部に侵入してかゆみや炎症などのトラブルを起こしやすくなります

これが乾燥性の敏感肌です

とくに仕事がデスクワーク中心の人は1日のほとんどを空調やエアコンで乾燥したオフィスで過ごす為に

季節にかかわらず一年中乾燥性の敏感肌に悩むケースが多くあります

体の抵抗力が落ちると肌の抵抗力も弱くなります

肌が乾燥して敏感肌に傾いてくると様々な美容法を試したくなりますが

過剰なスキンケアがけって肌を敏感にしてしまうこともあります

肌の調子が不安定なときには特別なことはせず基本的なスキンケアに気を配り

保湿、保水ケアを行うことが大切です

また月経が始まると肌が乾燥しやすくなったり肌荒れを起こすなど女性ホルモンの分泌も

肌の調子に大きく関係しています

さらにストレスや疲労なども肌の抵抗力を低下させる大きな原因になります

肌の調子が不安定なときは無理をしていないかストレスなど身体の状態に目をむけましょう

室内の環境をチェックしてスキンケアや入浴法も見直しましょう

そのほか不規則な睡眠かたよった食事ダイエット、精神的なストレスや女性ホルモンのバランスの

乱れなども肌の乾燥やトラブルを進行させます

健康な肌を身体の内側からサポートするためには栄養バランスのよい食事と規則正しい生活が基本です

湿度を40%以上に保つ

冷房や暖房を使ってる室内は湿度が下がっています

それに伴って肌の水分も蒸発します

室内の湿度を40%以上に保ちオフィスでは机に回りにコップ1杯の水を置きましょう

適度な冷房や暖房を避ける

室内や野外の温度差が大きいとかゆみに対して肌が敏感になります

過度な冷房や暖房は避けて室温との差は5度以内に

またエアコンや暖房の風が直接顔や体にあたらないようにしましょう

下着は木綿素材に

直接肌につける下着は肌にやさしく木綿がよく下着や衣類の袖口などのゴムがきつすぎるのも

肌を刺激するので注意が必要です

選択は洗濯物に潜在分が残らないよう使用量を守りすすぎも十分にしましょう

肌にいい食事

新しい細胞を作るために良質のたんぱく質が不足しないようにしましょう

レバー、小松菜、にんじんなどに豊富に含まれるビタミンAは皮膚の形成を助けます

ビタミンCが豊富で坑酸化食品の代表的食品ブロッコリーもおすすめです

女性ホルモンと鉄欠乏性貧血

 貧血

月経、妊娠授乳中は鉄欠乏性貧血になりやすい

貧血の初期はあまり自覚症状も無くなんとなく疲れやすい気分がすぐれないという程度です

だるい、めまいがするなどのはっきりした症状がみられたり

顔が青白い、まぶたをひっくりかえすと粘膜が白っぽいという典型的な症状があるときは

貧血がかなり進行しています

このような鉄分が不足するために起こる鉄欠乏製貧血は女性に多くみられます

女性の鉄欠乏性貧血の原因は月経です

月経により毎月鉄が排出されることになります

子宮筋腫などがあると出血量はさらに増えます

2番目の原因は妊娠授乳などによる鉄の需要

3番目は偏食やダイエットによる鉄の摂取不足です

炭水化物や脂肪を減らすと、たんぱく質がエネルギー源として消費されるので栄養バランスがくずれて

貧血がますます酷くなります

貧血予防の食生活

貧血の背景に子宮筋腫、月経過多などの病気が隠れていることがあります

貧血が酷い場合はそのほかの病気が無いか病院で検査をしましょう

病気でないときは食生活の改善が大切です

重症の貧血には鉄剤が使用されます

1ヶ月使用すれば貧血に伴う不快症状が消えて

2ヶ月使用すれば血液中のヘモグロビン濃度も正常になります

正常になったら薬の使用をやめて鉄分を含む食べ物を摂取する食生活の改善により貧血を予防しましょう

食事の改善が基本です

貧血対策はまず食生活の改善が大事です

レバー、ほうれんそう、あさりなどの鉄分を多く含む食品を意識してとりましょう

また鉄の吸収をよくするためにたんぱく質やビタミンCもあわせて摂取しましょう

貧血の改善

香辛料を利用

香辛料、薬味などは胃液の分泌を高めて鉄の吸収をアップします

貧血の人は食欲不振のことが多くハーブ類やこしょう、しょうがを利用しましょう

鉄製の鍋を利用

鉄製の鍋やフライパンを使用して肉や野菜を調理しましょう

鍋やフライパンの鉄分が食べ物にも吸収されそのまま体内に運ばれます

食事はよくかみ適量を

食事は良く噛んでゆっくり食べると胃液の分泌が良くなり鉄の吸収も高まります

腹8分目を心がけアルコールの飲みすぎに注意しましょう

食後のコーヒー、紅茶、緑茶は食後30分おいてからにします

お茶の仲のタンニンが鉄の吸収を妨げます

ストレスをためない

ストレスは胃腸の働きを低下させ食欲の不振を招きます

食事中は楽しく会話しながら食事を味わいましょう

規則正しい食生活

無理なダイエットや朝食抜き偏食などはやめて3度の食事をとりましょう

インスタント食品加工食品などは栄養のバランスを乱すのでやめましょう

外食や惣菜の購入も少なくして自宅でバランスの良い食事をしましょう

貧血に良い食べ物

野菜中心の食事では鉄不足になることがあります

血となる動物性たんぱく質をしっかり摂取しましょう

鉄が多く含まれ体内への吸収率も高いのはレバー、牛乳、卵、貝類です

植物性たんぱく質では大豆とその加工食品が優れています

またビタミンCは鉄の吸収を高めてくれるのでキャベツなどの野菜を食べましょう

低血圧と貧血は別なもの

疲れやすかったり、めまいがしたり貧血と低血圧は言葉も症状も似ていますが

低血圧と貧血はまったく別なものになります

血液を赤くしているヘモグロビンの不足が原因で起こるのが貧血です

一方低血圧は心臓から流れ出る血液の圧力が低いものをいいます

さらに両者の違いわかりにくくしているのが脳貧血という言葉です

これは血圧に関係して起こるものです

自律神経の調節が上手くいかなくて一時的に脳に循環する血液が止まったり少なくなると

立ちくらみがおこります

貧血か低血圧かで予防と対処法が違います

女性ホルモン冷え性と自律神経

 冷え

自律神経の乱れが冷えの原因

手足が凍りそうなくらい冷たいとか腰が冷えていたいと訴える

冷えは実際に体内の温度が低いわけではありません

なのに酷く寒く感じるのは気温が下がるに従い体温のコントロールができず

表面の手足や腰などの局所の皮膚温度が下がってしまうためです

これは体温の調節をしている自律神経が乱れて血管の収縮がスムーズにいかなくなり

血行障害を起こすためです

不規則な生活や精神的ストレスが引き金になります

自律神経はホルモンとも密接に関係しています

月経前や月経中などホルモンが変調をきたしやすいときには

自律神経も乱れて冷えの症状が周期的に出ることがあります

月経中は冷える、月経の10日前ごろから冷えを感じる理由です

冷えは病気でなく一度冷えるとなかなか戻りにくい冷え体質と考えられます

また冷えが原因で頭痛、肩こり、腰痛、下痢などの症状や

膀胱炎、腎臓病、胃潰瘍、関節リウマチなどの病気になることもあります

逆に甲状腺の異常や動脈硬化が原因で冷えが生じることもあります

冷えの初期は血液の循環をよくして皮膚の温度を正常にしようというからだの働きで熱を生み出すので

頭熱足寒の状態になり手足は冷えるのに顔はほてっていることもあります

冷えには体の表面を保温するだけでなくからだの中から暖かくなる工夫が大事です

それには食事や運動、入浴などで血液の循環をよくして冷える体質を変えることです

またダイエットや変色による極端なやせは冷えを起こしやすくなります

規則的な生活リズムで自律神経を整えることが必要です

冷え改善法

体を冷やさない食事

夏でも熱いお茶を飲みます

食事ももりそばよりもかけそばにして体を冷やさないようにしましょう

冷えを防ぐ

体を冷やす前に早めに対策をたてましょう

夏でも冷房中ならレッグウォーマーやカーディガンなどで保温しましょう

冬は下着を2枚重ねて冷えを防ぎます

ミニスカートは冷えの原因になります

室内環境

冷房も暖房も室温と外気温の差を5度以内にしましょう

窓を閉めっぱなしにしないようにときどき換気して空気の流れをよくして室内を浄化しましょう

体を締め付けない

体を締め付けると血行が悪くなり冷えの原因になります

ブラジャーなどの下着による締め付けロングブーツによるふくらはぎの締め付けには注意しましょう

ブーツはゆったりしたタイプのロングブーツにするかショートブーツにします

体を温める食事

とうがらし、にんにく、くり、くるみ、小麦粉、大豆、にら、にんじんなどの根菜

ほうれんそう、ピーナッツなどの食べ物を積極的にとりましょう

血行を良くする運動

駅まで歩くエスカレーターは避け階段をのぼるなど体を動かす工夫をしましょう

寝る前にストレッチなどの軽い運動をして血行を良くするのも効果的です

入浴

冷えた体を体の芯から温めるのはお風呂が効果的です

体が冷えていると熱いお風呂に入りがちですが熱いとゆっくりつかれないため体の表面しか温まりません

冷えの解消のため37度から40度のぬるめのお湯にゆったりつかるのが効果的です

さらに半身浴にして熱いお湯と冷たい水を交互に浴びる温冷浴がおすすめです

温度差のあるお湯を交互に浴びると血管が広がったり収縮したりして血行がよくなります

風邪の予防

季節が変わるために風邪をひいたり1シーズンに何回も風邪を引いたりする人がいます

過労や睡眠不足など不規則な生活をしたり無茶なダイエットや偏食などで免疫力が低下していたり

冷えなどで体調が整っていないと風邪のウイルスの影響を受けやすくなります

風邪の特効薬はありません

かぜをいたときはあたたかくしてよく眠るときです

入浴すると体力を消耗しやすく免疫力を維持するためにも入浴は避け体を温めて安静に保つことです

ただ厚木をすると熱が体内にこもり熱の放散を妨げるのでできるだけ薄着にしましょう

体が冷え切っているときは温かいスープや玉子入りの雑炊などを食べゆっくり休みましょう

汗はまめに拭き下着を替えて体を冷やさないようにしましょう

かぜは万病の元といいますが普通のかぜは怖いものではありません

最初は風邪のような症状ではじまるのでそのように言われます

かぜはたいてい3日ぐらいで治ります

いつまでもせきが止まらない頭痛や発熱があるときはほかの病気の可能性があります

なおよく風邪のときにつけるマスクは感染をよぼうするためでなく

のどの保湿や防寒対策の1つです

外出すときにはのどの保湿のためにマスクをするのもよいでしょう

栄養のバランスを考えた食事や適度な運動とストレスの発散
普段から免疫力を高める風邪を引きにくい体質に改善しましょう

かぜのウイルスは感想が大好きで室内の温度を適度に保ちましょう

女性ホルモン胃の不快感

胃の不調の多くは急性胃炎や慢性胃炎

食べすぎて胃が重いなんとなく胃がもたれるすっきりしない職場の人間関係に悩むうち

胃がきりきりしてきたというような胃の不快感は胃炎です

胃炎では暴飲暴食などの刺激により胃の粘膜が急激に炎症を起こる急性胃炎、胃の不快感に悩まされ

胃の粘膜に慢性的な炎症や萎縮がみられる慢性胃炎

特に胃の粘膜に異常がみられない精神的な苦痛や不安が原因と考えられる神経性胃炎があります

胃炎の原因は多くがアルコール、たばこ、食べ物によるものが多いですが

胃の働きは自律神経の支配を受けているので精神的な動揺や不安、苦痛も影響します

そのほか胃が正常な位置より下がってるために長時間胃に食べ物がとどまっている

胃がもたれる胃アトニーは酸っぱいものがこみ上げてくる胃酸過多症なども胃炎の原因です

胃の三大疾患は胃炎、胃、十二指腸潰瘍、胃がんです

胃の不快感の多くは胃炎ですが胃のもたれ、むかつき、痛みなどの症状が3日以上も持続するときは

胃炎以外の病気も考えて一度内科や胃腸科を受診しましょう

急性胃炎の場合なら刺激のある食事を控えて休んでいれば治ります

慢性胃炎の場合は心身のストレスを解消して規則正しい生活をするなど

生活習慣を改善する必要があります

なかなか治らない胃の不快感はがんの危険性もあります

神経性胃炎の場合は一過性のもなら問題はありません

繰り返し症状が出るようなら心身のリラックスを心がけましょう

食生活

1日3食きちんと食べることが第一です

良くかんで食べる楽しく食べる腹8分目をこころがけましょう

食後はデザートなどを楽しみながらゆっくりすごしましょう

なお胃アトニーなら胃がもたれないように食事を少量ずつ

4回から5回に分けて食べましょう

ストレス

軽いスポーツやウォーキングなどで体を動かして気分転換すると心身がリラックスします

悩みがあるときは自分で抱え込まないで知人に悩みを話すようにしましょう

できるだけ楽しいおとだけ考えるようにしましょう

刺激物

深酒、たばこは胃の粘膜を荒らす原因にもなるので避けましょう

コーヒーや塩辛いものなどの刺激物もほどほどにしましょう

冷たすぎるもの熱すぎるものも胃には負担になります

疲れているときや怒っているときの暴飲暴食に気をつけましょう

消化力を高めるスパイスを上手に使うと胃のもたれを防いでくれます

アニスシード、カルダモンシード、フェンネルシードなど

消化を助ける作用のあるスパイスハーブの種子を噛むとよいでしょう