女性ホルモンと鉄欠乏性貧血

 貧血

月経、妊娠授乳中は鉄欠乏性貧血になりやすい

貧血の初期はあまり自覚症状も無くなんとなく疲れやすい気分がすぐれないという程度です

だるい、めまいがするなどのはっきりした症状がみられたり

顔が青白い、まぶたをひっくりかえすと粘膜が白っぽいという典型的な症状があるときは

貧血がかなり進行しています

このような鉄分が不足するために起こる鉄欠乏製貧血は女性に多くみられます

女性の鉄欠乏性貧血の原因は月経です

月経により毎月鉄が排出されることになります

子宮筋腫などがあると出血量はさらに増えます

2番目の原因は妊娠授乳などによる鉄の需要

3番目は偏食やダイエットによる鉄の摂取不足です

炭水化物や脂肪を減らすと、たんぱく質がエネルギー源として消費されるので栄養バランスがくずれて

貧血がますます酷くなります

貧血予防の食生活

貧血の背景に子宮筋腫、月経過多などの病気が隠れていることがあります

貧血が酷い場合はそのほかの病気が無いか病院で検査をしましょう

病気でないときは食生活の改善が大切です

重症の貧血には鉄剤が使用されます

1ヶ月使用すれば貧血に伴う不快症状が消えて

2ヶ月使用すれば血液中のヘモグロビン濃度も正常になります

正常になったら薬の使用をやめて鉄分を含む食べ物を摂取する食生活の改善により貧血を予防しましょう

食事の改善が基本です

貧血対策はまず食生活の改善が大事です

レバー、ほうれんそう、あさりなどの鉄分を多く含む食品を意識してとりましょう

また鉄の吸収をよくするためにたんぱく質やビタミンCもあわせて摂取しましょう

貧血の改善

香辛料を利用

香辛料、薬味などは胃液の分泌を高めて鉄の吸収をアップします

貧血の人は食欲不振のことが多くハーブ類やこしょう、しょうがを利用しましょう

鉄製の鍋を利用

鉄製の鍋やフライパンを使用して肉や野菜を調理しましょう

鍋やフライパンの鉄分が食べ物にも吸収されそのまま体内に運ばれます

食事はよくかみ適量を

食事は良く噛んでゆっくり食べると胃液の分泌が良くなり鉄の吸収も高まります

腹8分目を心がけアルコールの飲みすぎに注意しましょう

食後のコーヒー、紅茶、緑茶は食後30分おいてからにします

お茶の仲のタンニンが鉄の吸収を妨げます

ストレスをためない

ストレスは胃腸の働きを低下させ食欲の不振を招きます

食事中は楽しく会話しながら食事を味わいましょう

規則正しい食生活

無理なダイエットや朝食抜き偏食などはやめて3度の食事をとりましょう

インスタント食品加工食品などは栄養のバランスを乱すのでやめましょう

外食や惣菜の購入も少なくして自宅でバランスの良い食事をしましょう

貧血に良い食べ物

野菜中心の食事では鉄不足になることがあります

血となる動物性たんぱく質をしっかり摂取しましょう

鉄が多く含まれ体内への吸収率も高いのはレバー、牛乳、卵、貝類です

植物性たんぱく質では大豆とその加工食品が優れています

またビタミンCは鉄の吸収を高めてくれるのでキャベツなどの野菜を食べましょう

低血圧と貧血は別なもの

疲れやすかったり、めまいがしたり貧血と低血圧は言葉も症状も似ていますが

低血圧と貧血はまったく別なものになります

血液を赤くしているヘモグロビンの不足が原因で起こるのが貧血です

一方低血圧は心臓から流れ出る血液の圧力が低いものをいいます

さらに両者の違いわかりにくくしているのが脳貧血という言葉です

これは血圧に関係して起こるものです

自律神経の調節が上手くいかなくて一時的に脳に循環する血液が止まったり少なくなると

立ちくらみがおこります

貧血か低血圧かで予防と対処法が違います