女性ホルモンと膀胱炎について

膀胱炎

膀胱に大腸菌などの雑菌が侵入しておこる膀胱炎

膀胱炎のほとんどは大腸菌が尿道から膀胱に侵入して炎症を起こしたものです

女性は男性にくらべて尿道が短いうえに尿道の入り口も

肛門と近いために肛門のまわりにいる大腸菌やセックスのとき雑菌が膀胱に入り込みやすくなります

次のような症状があると膀胱炎のサインです

排尿痛、残尿感

排尿のときや排尿の終わりごろにさしこむような痛みやズーンとくるような鈍痛がある

排尿後もまだおしっこがのこっている幹事ですっきりしない

頻尿

おしっこの回数が多くなり終わった後もまたすぐにトイレにいきたくなる

尿がにごる

おしっこが白くにごったりひどくなると血液がまじって赤く見えることもある

においがきつくなることも

抗生物質を飲むと3日から1週間で治ります

症状が消えても最近が完全に死滅したとはかぎりません

再発を繰り返さないために途中で通院をやめないことが大切です

排尿トラブルの1つに尿漏れは妊娠や分娩などで骨盤低筋が弱くなることで起こります

産後は無理をしないでできるだけ休むことです

起きる必要がにときは横になり子宮膀胱を支える筋肉の骨盤低筋の回復につとめます

重いものふとんの上げ下げなどおなかに力がかかることは家族にまかせましょう

体系を早く戻したいと産後すぐにガードルをつけるのはだめです

産後1ヶ月検診で子宮の回復が順調と診断されてからつけます

肛門をきゅと締める運動をすると効果的です

膀胱炎の予防

水分をたっぷりとる

水やお茶を1日1リットル以上飲んで膀胱のなかの細菌を洗い流しましょう

水分をたくさんとるのが苦手な人は野菜やヨーグルトなど水気の多いもので補います

アルコールやコーヒーは膀胱を刺激するのでさけます

トイレを我慢しない

排尿痛があると水分を控えてトイレの回数を減らしたくなります

これは逆効果で水分を多くとって尿の量を増やして

こまめにトイレにいって尿から細菌をどんどん追い出します

長時間尿をためると膀胱内の筋が繁殖して症状を悪化させます

排便後は前から後ろにふく

肛門のまわりの大腸菌が尿道に入り込まないように前からうしろにふく

特に下痢のときお尻をよく洗うようにします

月経中はこまめにナプキンをとりかえ外陰部を清潔に保ちましょう

便秘をしないようにする

腸の中に便が長時間とどまると大腸菌が肛門のまわりにでてきて尿道に侵入します

便秘がちな人は膀胱炎になりやすく再発もしやすくなります

野菜やイモ類などの食物繊維をとり適度な運動をしましょう

疲れ、ストレスをためない

睡眠不足や働きすぎ職場の人間関係などの過労やストレスがたまると

免疫力が低下して膀胱炎を招きます

疲れたときは無理をしないで残業は控えましょう

また下半身を冷やすと膀胱炎が悪化します

寒い季節には毛糸のパンツや携帯用カイロで腰をあたためましょう

セックスの後すぐにトイレに行く

セックスの刺激で膣や肛門の周辺にいる細菌が尿道に入りやすくなります

セックスのあとはすぐにトイレで排尿する習慣をつけましょう

ハネムーン膀胱炎や性交渉のあとに膀胱炎になりやすい人はこの対策を忘れた人です