女性ホルモン大人にきび吹き出物 

 にきび

大人にきびは様々原因があります

にきびと呼ぶのは10代までで20代をすぎたら吹き出物とはよくいわれるものです

単純に皮脂が過剰に分泌して毛穴が詰まってできるのが10代から20代前半の思春期にきび

それに対して20代後半からの大人にきびはメイクやストレス、疲れ、ホルモン、食事など

様々な原因が重なり起こります

その結果皮脂の分泌が過剰になったり逆に肌が乾燥して角質がかたく厚くなったり

毛穴がふさがれて炎症を起こすものです

なお月経前ににきびができやすのは月経の約2週間前からプロゲステロン(黄体ホルモン)と同時に

男性ホルモンの分泌が盛んになるのが原因で男性ホルモンが皮脂を活発にさせるからです

まず正しい洗顔で皮脂や汚れを落とし肌を清潔に保つことが大切です

にきびや吹き出物があると化粧で隠したくなりますが下地クリームもファンデーションも

油分過剰になるので避けます

どうしてもというときはパウダーファンデーションを横に滑らせるようにしてつけます

パフではたくと毛穴に入ってしまうので注意が必要です

あるいはノンオイルのリキッドファンデーションなら肌の汚れは最小限に抑えられます

にきびがあるのに乾燥肌ということはよくあります

これは皮脂を除くことに気をとられて水分不足が原因です

洗顔後に保湿ケアが必要です

皮脂を調節しながら角質に水分が補給できるオイルフリータイプの化粧水が最適です

にきびの原因と対策

月経不順

ホルモンバランスが乱れて不安定になると皮脂腺の分泌に影響して

にきびが出たり悪化します

夜更かし

睡眠中はホルモンの働きが活発になり古い細胞から新しい細胞へと変わります

その時間帯は夜10時から夜中の2時です

この間は皮脂の分泌が抑えられます

夜更かしするとホルモンのバランスが乱れてにきびが出たり

悪化させる原因となる皮脂の分泌を盛んにしてしまいます

ストレス

ストレスがたまるとホルモンのバランスがくずれて新陳代謝が悪くなります

肌の働きや免疫力が低下してにきびを悪化させます

心身ともに疲れをためないようにしましょう

脂肪分や糖分のとりすぎ

脂肪分や糖分のとりすぎは皮脂腺を強く刺激して皮脂の分泌過剰にします

揚げ物やチョコレートや甘いお菓子などの摂取を減らすことが大切です

コーヒーやアルコールも皮脂の分泌を促します

メイクや汚れが残っている

正しくない不十分な洗顔でファンデーションや古い角質余分な皮脂が残っていると毛穴をふさぎます

そこににきびの原因菌が繁殖します

油分の多い化粧

下地クリームやファンデーション、クレンジングクリームなど油分を多く含んだ化粧品

これは皮脂の分泌過剰を作っているようなものです

毛穴をつまらせにきびの原因となります

便秘

3日以上便が出ない出たとしてもころころして残便感がある状態が便秘です

胃や腸の消化器の調子が悪いとにきびは悪化します

月経によるホルモンの影響を受けると便秘になりやすくなります

タバコ

ビタミンCはメラニンの生成を防ぎ出来た色素沈着を薄くする働きがあるので

にきび痕を残さないためにも必要な栄養素です

タバコは1本でも大量のビタミンCを破壊してしまいます