女性ホルモンと便秘

便秘

毎日お通じがあるけど便がころころしている

3日に一度だけどすっきり出るなどと排便にはこれといった定義がありません

一般には便が腸内に長時間とどまり便の水分が減り硬くなり

3日以上たってもスムーズに排便が無いという状態や

毎日排便はあるが便が硬くて排便後すっきりしないという場合を便秘といいます

旅行先などで一時的に便秘になることがありますが慢性便秘は毎日繰り返される便通異常です

若い女性に多い便秘は繰り返される便通異常です

これといった病気が無いのに起きる便秘ですが中には大腸がん、大腸ポリープなどの腸の病気や

子宮筋腫、卵巣のう腫などの婦人科の病気が原因のこともあるので注意しましょう

月経時のホルモンの変動で便秘することもあり女性は半数が便秘症といわれています

便秘が当たり前だと慣れてしまいがちですが便秘は大腸がんの原因にもなります

ずっと便秘気味で深いな症状がある場合は一度胃腸科を受診して病気が無いか検査をしましょう

便秘を放置すると痔、肌荒れ、にきび、吹き出物、肩こり、頭痛、肥満、口臭、不眠、いらいらなどの

心や体の症状が出てきます

若い女性に多い便秘のタイプ

直腸性便秘

骨盤の筋肉が緩み直腸神経の反応が鈍くなりおこります

下剤や浣腸の多用、偏食、不規則な食事、運動不足、ゆったりできない排便時間などが原因

けいれん性便秘

自律神経のみだれなどにより腸の善導運動が強くなりすぎて便の通過を妨げる

便の水分が吸収されヤギのようなころころした便

この2つのタイプのほかに腸の機能が低下して起こる弛緩性便秘があります

これはお年寄りに多くあります

便秘を解消する食べ物

きちんと食べて便を作る

便秘を解消するためには無理なダイエットや偏食はやめて

便の材料となる食べ物をキチンととることが大切です

ご飯などの炭水化物や食物繊維をきちんと取りましょう

食物繊維の多い食べ物

便の材料になるイモ類、根菜類、緑黄色野菜、海藻類、きのこ類などを食べましょう

腸の善導運動

レバーなどのビタミンB群は腸の善導運動をスムーズにします

またオリーブオイルなどの植物油は便を排出するときの腸の潤滑油になります

腸内環境

乳酸菌などの善玉菌を増やして腸内環境を整えるために刺激の強いものは避け

ビフィズス菌やフラクトオリゴ糖を含むヨーグルトなどを積極的に摂取しましょう

腸の動きを活発にする

ストレスをためない

ストレスは胃腸の機能を低下させ便秘の原因になります

悩みは相談して早めに解決しましょう

全身を鍛える

ウォーキング、水泳、ヨガなどで全身を鍛えることで腸も鍛えましょう

腹筋運動は腸の動きを活発にします

運動する時間が取れない場合は日常の動作で補いましょう

睡眠の確保

スムーズな排便の基本は十分に眠りしっかり食べることです

早寝早起きを心がけ1日6時間から7時間は眠りましょう

快眠は疲労やストレスも解消してくれます

排便習慣

トイレはがまんしない

便意を覚えたらすぐにトイレに行きましょう

便意はわずか30秒ほどで消えてしまいます

がまんしているうちに便意を感じなくなり腸の働きも低下します

朝食後便意がなくてもトイレに

便秘気味の場合は便意がなくても朝食事を終えたらトイレに10分ぐらい座ってみます

これを繰り返している内に便意が戻ってきます

便秘薬の使いすぎに注意が必要です

女性の約6割が悩まされているといわれる便秘

慢性の便秘に悩んで毎日のように便秘薬を使っている人もいますが

一般の下剤は強力で薬に頼り過ぎないようにしましょう

便が出ないからといって薬を飲んでいると排便しようとする腸の働きが弱くなり

薬がだんだん効かなくなります

下剤はあくまでも便秘を一時的に治すものと考えて

食生活を改善したり運動をしたりなるべく自然な便通を持つようにしましょう