女性ホルモン不眠

不眠

不眠

布団に入ってもなかなか眠れない

不眠には主に次のようなタイプがあります

入眠障害

なかなか眠れない寝つきの悪い状態

悩みや不安、精神的なストレスがあると起こりやすくなります

中途覚醒

トイレや夢などちょとしたことで夜中に目がさめてしまいます

お酒を飲んだときやうつ病などの初期症状でもみられます

熟睡障害

一定の睡眠時間は確保できても熟睡間が無く心身の疲労が取れない状態です

心や体の病気が原因で起こることもあります

早朝覚醒

明け方目が覚めて眠れなくなります

高齢者に多く見られ年齢に関係ない場合もあります

日本人の生活パターンが夜型になり睡眠の障害も増加しています

日本人の5人に1人が不眠に悩まされているといわれます

睡眠不足が長くなると、だるい、頭が重い、目が疲れやすくなる

肌や胃腸の調子が悪くなるなど様々な不調が現れます

イライラしたり頭がボーとしたり集中力も低下してしまいます

さらに不眠により生体リズムホメオスタシスが狂い免疫力が低下して

風邪などの病気にかかりやすくなります

不眠の原因の多くはストレスや生体リズムホメオスタシスを無視した生活習慣にあります

眠れない夜が長くなるときは生活習慣や眠りの環境を見直しましょう

それでも改善されない場合はうつ病や睡眠時無呼吸症候群などの場合があります

心の不調

人間関係や仕事などで悩みや不安があったり怒りやイライラがあるといろいろ考えて眠れなくなります

そのほかうつなど心の病気があるときも不眠になります

体の不調

鼻水や鼻がつまる乾燥肌やアレルギーで体がかゆい冷え性で手足が冷たい

病気や怪我で熱や痛みなどがあるときは不眠の原因になります

睡眠リズム

夜更かしや朝寝坊や深夜の仕事をしている人

または海外に行ったときは時差ぼけ状態になります

体内時計のリズムが乱れて眠気がなかなか訪れません

食事刺激物

たばこを吸ったりカフェインをとると神経が興奮します

食事をした後は消化機能が活発に働いて熟睡できません

お酒を飲んだときは途中で目が覚めることが多くなります

ホルモンの変動

月経前に分泌量が増えるプロゲステロンの影響で月経前になると眠れなくなることがあります

その反対に日中眠くなる人もいます

明るい環境

枕が合っていないふとんの寝心地が悪い寝室に外からの光が入ってくるなど

眠る環境が整っていないときは眠れません

決まった時間に起きて朝日を浴びる

人間の体内のリズムは約25時間ですが太陽の光を浴びることで

朝1時間ほど時間を早めて24時間周期にして生活しています

朝日を浴びて体内時計がリセットされてから

約14時間から16時間後にに体は眠りにつく準備を始めます