女性ホルモンアレルギー性鼻炎、花粉症

熱も無いのに連続してくしゃみが出たり鼻水が流れたり目やのどがかゆくなってきたというときは

鼻かぜでなくアレルギー性鼻炎です

これはハウスダストやカビ、ダニ、ペットの毛などアレルギーの原因となる

物質アレルゲンが花の粘膜を刺激してアレルギー反応を起こしたものです

花粉症も花粉が飛ぶ季節に起きるアレルギー性鼻炎の1つです

これらは遺伝的な要素が強いアトピーの人に発症しやすいといわれます

すぎ花粉による花粉症の場合は交代ができるまでに20年から30年はかかるといわれ

大人になってある日突然発症するケースがあります

症状としては鼻水、目のかゆみなど典型的なもののほか

だるい、ほてる、熱っぽい、頭が重い、集中力を欠くなどが特徴です

花粉症になると花の粘膜が赤くはれあがりますが鼻かぜとは区別しにくいものです

高熱がない目がかゆくなってきたときは鼻かぜではなく花粉症と考えられます

花粉は春先だけでなく1年中飛びます

ige交代の有無や種類症状の検査を受けることもできます

治療法は生活や食事指導中心に体に抵抗力をつけて自律神経を整えることです

自律神経のバランスが良いと花粉症は起こりにくくなります

抗アレルギー剤などは花粉が飛ぶ前に飲むといいので早めに病院にいきましょう

目の症状がひどいときは点眼薬、鼻には点鼻薬を使用しますがこれは血管を収縮させるので

妊娠昼夜授乳中の場合は医師に相談が必要です

体を鍛える

ウォーキングや水泳などの有酸素運動で体を鍛えます

自律神経のバランスがよくなりアレルギーをうけてつけいない体に

ストレスをなくす

ストレスは花粉症を悪化させやすく悩みや不安は早めに解決して気分転換をしましょう

刺激のあるものを控える

辛い食べ物やアルコールは鼻な状態をひどくしてタバコは鼻の粘膜を刺激するのでさけましょう

睡眠

夜更かしをさせて早寝早起きを心がけて規則的に睡眠をとりましょう

疲労回復

季節の変わり目を向かえ環境に順応するためには体は疲れてしまいます

その日の疲れはその日に解消しましょう

体力をつける

花粉が飛ぶ季節の変わり目は体力も低下しやすく

きちんと食事を取り定期的に運動して体力を維持しましょう