女性ホルモンとしみ

しみ

紫外線が原因で起きる色素沈着がしみの原因

20代後半から気になるのが肌のしみ

一番の原因は紫外線で紫外線を繰り返し浴びているとメラノサイトの一部に異常が生じて

紫外線にあたらなくてもメラニンを作るようになります

するとその部分に色素沈着が起こります

これがしみになり放置すると紫外線を浴びることで数が増えて色が濃くなっていきます

身体の免疫力も低下

しみしわの原因になるなどお肌の老化を早める紫外線は浴びすぎると身体の免疫力も低下させます

皮膚は外的から直接身体を守る働きのほか細菌、ウイルス、アレルギー物質が

体内に入り込むのを防ぐ免疫の働きをもっています

ところが紫外線にあたり過ぎると免疫力が低下して皮膚に様々な感染症が起こりやすくなります

たとえば口の周りに水泡ができる単純ヘルペスは紫外線にあたった後でできやすくなります

雨の日や曇りでも紫外線対策

しみを予防する第一の方法は紫外線を避けることです

紫外線の量は4月から9月にかけて最も多くなるので春になったら紫外線対策をしましょう

また晴れた日ばかりでなく雨の日も曇りの日も降り注いでいます

さらに室内にいるときもでも安心できません

しわの原因となるUVAはガラスを通じて皮膚の中にも入ってくるからです

オフィスでも日当たりのよい窓際には紫外線が降り注いでいます

紫外線対策

日焼け止め

むらなく塗る

日焼け止めは顔のすみずみまでむら無く塗ります

こめかみや耳の前、首筋などは塗り忘れしやすい場所なので注意が必要です

紫外線のあたりやすい部分に重ねてつける

鼻や頬など出っ張った部分には顔全体に日焼け止めを塗ったあとで

さらに薄く重ねてつけます

皮脂や汗で目立ってきたら塗り直す

汗や皮脂をやさしくふきとってから日焼け止めを塗り直しましょう

食事

栄養バランスのよい食事を摂取するともに美肌成分が入った栄養素を積極的に摂取しましょう

ビタミンC

メラニンの生成を防ぎ出来てしまった色素を薄くする作用があります

βカロテン

紫外線で発生した活性酸素をすばやく除去する働きがあります

ビタミンE

皮膚の細胞膜の参加を防ぐ働きがあります

たんぱく質

新しい皮膚細胞を作る働きがあります

日傘は体全体が隠れるように柄を短く持ってさします

帽子のつばは6センチ以上必要

まわりにつばがついているものを選んで首筋もカバーします

服は袖が長めのものを選びます

白は紫外線を通しやすく反射するので色のついたものを選びます

生活習慣

皮膚の新陳代謝のことをターンオーバーといいます

ターンオーバーのサイクルは健康な肌で28日です

睡眠不足やストレスなどでターンオーバーが乱れると

メラニンが角質細胞とともに剥がれ落ちず定着してしまうこともあります