視床下部と女性ホルモン

女性ホルモンは生理機能の維持コントロールをしています

月経が毎月規則正しく周期的に来るのも女性ホルモンの働きによるものです

人間の各器官ホルモンなどをコントロールしているのは大脳にある視床下部です

女性ホルモンや血糖値を決めるホルモン、発育を促すホルモンなど
人間のホルモンはすべて視床下部でコントロールしています

視床下部は血液中のホルモンをはかる機関であり

血液中のホルモン量を調べ足りないホルモンを増やし多すぎるホルモンは少なくするなど
様々なホルモンの分泌を命令指令しています

視床下部から命令を受けて実際に行動するのは下垂体(かすいたい)になります

下垂体(かすいたい)はホルモンをコントロールする視床下部からの命令を
体の器官につたえる役目をしています

命令を受けた下垂体(かすいたい)は内分泌腺を刺激するため
血液中に分泌ホルモンを流しホルモンの量を増量します

脳とホルモンは密接な関係であり精神的なショックなどにより月経周期などが乱れることもあります

 

2種類の女性ホルモン

脳から指令を受けた内分泌腺は下垂体(かすいたい)からの命令に従い
自分が分泌を担当するホルモンを血液中に流します

卵巣も内分泌腺の1つで下垂体(かすいたい)から卵巣に卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモン
2種類の性線刺激ホルモンが送られてきます

卵巣は自分が担当するエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)
2種類のホルモンを分泌します

女性ホルモンと呼ばれるものは
2種類のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のことです

更年期以降減少するのはエストロゲン(卵胞ホルモン)になります

視床下部は血液中のエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少に気がつき下垂体(かすいたい)から
卵胞刺激ホルモンを送り卵巣のエストロゲンの分泌量を増やす指令をだします

エストロゲン(卵胞ホルモン)の重要な働きは
思春期以降の乳房、外陰、膣に潤いを保ち子宮内膜を増殖させることです

皮下脂肪を蓄えて女性らしい体を作る働きや骨を作る骨芽細胞の増殖を促し
肌に潤いを持たせる髪につやを与えるなどの女性らしさを作るのがエストロゲンの働きです

また性感、感覚、精神、コレステロールの増加を抑えるなどの働きがあります

 

お母さんホルモンプロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されるのは排卵があった時で
エストロゲン(卵胞ホルモン)により増殖した子宮内膜に作用して

子宮内膜をマシュマロようにやわらかくすることで妊娠の維持にあたります

月経

妊娠しない場合は2週間ぐらいでプロゲステロン(黄体ホルモン)は分泌されなくなります

そうなると子宮内膜は維持されず剥がれ血液とともに体外に排出されます